BlueRoseのスタッフから、お店の最新情報やキャンペーン情報、蓼科のことなどを配信いたします。ご来店前にぜひチェックしてくださいね。
蓼科の麓 BlueRoseヘア&ネイルサロン 

髪のくせや特徴を生かし、繊細な動きのあるスタイルをつくります。
ご自宅で簡単に再現でき、日々のスタイリングが楽になります。

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
が休業日です。
営業時間: 10:00-20:00

.

天然ハーブ  ハナヘナ、インディゴ、アワル

.

天然ハーブであるハナヘナは、インド北西部の、ラジャスタン地方などに自生する低木植物で、
植物染毛剤や薬剤、防腐剤として、昔から一般的に使用されてきました。
ハナヘナは天然染料ですので、副作用が少なく、化学染料とは違い地肌や毛髪を痛めることがありません。

ハナヘナには発色効果があり、肌や髪がオレンジ色に色づきます。
ハナヘナの成分は毛髪のケラチンにからみついて、ハリ、コシ、ツヤをだし、
紫外線によるダメージなども防ぐ効果があります。
ハナヘナは、白髪染めとトリートメントが同時にできる、自然由来の安全なカラー剤です。

天然のハナヘナは通常のヘアカラー剤とは違い、ブリーチ剤は配合されていないので、黒髪を明るくする効果はありません。
ハナヘナはあくまでも、白髪にオレンジ色を付けるものです。
インディゴ(木藍)という植物を、ハナヘナとあわせて使うと黒っぽく発色します。
オレンジ色を打ち消して、茶色や黒色に近づけたい方はインディゴを併用して染めていきます。

実は、「ヘナ」と書かれてある商品がすべて天然成分で安心、というわけではありません。
ナチュラルヘナは発色が安定しないため、化学成分が配合されているものが多くあります。
これはナチュラルヘナと区別して、ケミカルヘナといいます。
天然成分100%のヘナやインディゴはすぐに発色はしません。
個人差はありますが、6時間経過後に少しずつ酸化発色します。
美容室でヘナカラーをして、すぐに茶色く染まる場合はほぼ、ケミカルへナに間違いないと思います。

.

.

当店で使用するへナは「ハナヘナ」です。不純物を極力取り除くように手選別を行っています。
もちろんケミカルなものは混ざっておりません。
今現在、私が信用できる唯一の物です。
また、ご自宅での使用をご希望の方には使用方法を説明してからの販売も致しております。

.

.

小売価格


◎ハナヘナ ナチュラル(ヘナ)

◎ハナヘナ インディゴ

  100g
¥1,260(税込)
  100g
¥1,890(税込)


500g
¥5,880(税込)


500g
¥8,400(税込)

◎ハナヘナ ハーブブラウン

◎ハナヘナ ニュートラル(アワル)

  100g
¥1,365(税込)
  100g
¥1,260(税込)


500g
¥6,300(税込)


500g
¥5,880(税込)

◎ハナヘナ ハーブマホガニー

◎ハナヘナ ミックスハーブ

  100g
¥1,575(税込)
  100g
¥2,100(税込)


500g
¥7,350(税込)


500g
¥9,450(税込)

.